士別市消防出初式&創成自治会総会

◆今日(6日)は、士別市消防出初式及び私の住む創成自治会の定期総会に出席してきた。

 

◆士別市消防出初式は、6分団193名が参加しての開催であり、消防や救急車両も参加し、市民の安全安心がより得られたものとなったものである。

 

▼士別市消防出初式で挨拶

士別市消防出初式で挨拶


占冠消防出初式&士別市新年交礼会

◆今日(5日)は、占冠消防団(河淵悦司団長)の出初式に出席してきた。消防職団員総勢84名ですが、地域の安全と安心を担っていただいている。また、新年祝賀会では、開拓で入植した広島県の伝統芸能である占冠神楽を披露していただいたところだ。

 

◆夜には、士別市、士別商工会議所、JA北ひびき、朝日商工会合同による士別市新年交礼会に出席してきた。開会前には、柴山さんと青木さんによる琴演奏に始まり、士別JCの尾崎理事長による市民憲章の朗読、主催者挨拶はJA北ひびきの榎本専務、そして牧野市長から新年の挨拶があったところだ。また、鏡開きでは私たちも登壇の機会をいただき、今年の士別市の繁栄と参加者の健康を祈念し、酒樽を開いたところだ。

 

▼占冠消防職・団員による整列及び観閲

▼豪快に行った鏡開き


士高3年A組

◆今日(3日)は、今から40年以上も前に仲間であった高校の同級生と一緒に飲んだところだ。

 

◆それぞれ、40年以上の人生を重ね、それぞれの道で苦労を重ね、昔に戻れるのは同級生だ。当時誰と付き合ったとか、誰が誰を好きだったとか、そんな他愛のない会話で5時間以上も経過したのだ。でも、頼るところは健康だ。健康でなければ何も楽しむことをできない。健康が一番とつくづく感じたところだ。


新春街宣

◆今日(2日)は、毎年恒例となっている新春街宣活動を和寒町、剣淵町、士別市内4か所の合計6か所において、佐々木隆博代議士と松ケ平哲幸士別市議とで行った。時折、小雪が舞うお天気であったが、ショッピングセンター付近では、多くの買い物客から手を振っていただき力強い激励をいただいたところだ。

 

▼私からはJR問題や道政検証について報告させていただいた

私からはJR問題や道政検証について報告させていただいた


自治労単組訪問-4日目

◆今日(28日)は、岸まきこさんとの単組訪問の4日目。今日は、富良野市労連、南富良野町職、占冠村職を訪問してきた。また夜には、士別農民連盟の年末執行委員会交流会に出席し、農業政策などについて意見交換をさせていただいた。

 

◆岸まきこさんとの単組訪問における富良野市労連では、役員の皆さんと意見交換し、その後退職者や推薦議員団の皆さんとも懇談させていただいた。また、南富良野町に移動し、池部町長と相原参議が北海学園大学の同窓とのことで、大いに盛り上がっての懇談であった。そして一連の行動の結びの占冠村では、田中村長からトマム地区での順調な来客の状況をお聞きする一方、ゴミ問題や救急の課題についてもお伺いした。

 

◆今回の単組訪問を通じて、自治体の職場は猴匹蠅ごから墓場まで瓩噺世錣譟△海里海箸鰺解する国会議員を増やさなければと強く感じたところだ。

 

▼一連の行動を終え占冠駅で記念撮影

一連の行動を終え占冠駅で記念撮影


自治労単組訪問-3日目

◆今日(27日)は、岸まきこさんとの単組訪問の3日目。今日は、途中から相原久美子参議院議員にも加わっていただき、東川町職、東神楽町職、全道庁連上川総支部、美瑛町職、上富良野町職を訪問し、岸まきこさんの人となりを感じていただいた。

◆また、富良野市労連では、政治学習会を開催していただき、相原参議、岸さん、私からそれぞれお話しし、会場からは貨物を含むJRの問題や職場の定数などについて意見交換してきたところだ。

▼富良野市労連の政治学習会でJR問題などを報告

自治労単組訪問-2日目&士別市職労-定大

◆今日(26日)の北海道は大荒れ!爆弾低気圧が北海道を占領している。交通機関はマヒし、いたるところで交通事故が発生している。また、予定されていたJA北ひびきの低温農業倉庫竣工式も急遽延期。私も午後から愛別町や当麻町を訪問予定であったが、「危険なので…」と先方から断られた。

 

◆そんな今日は、岸まきこさんと和寒町を訪問。奥山町長が歓迎してくれ、まざまざな課題について意見交換させていただいた。その後、士別に戻り葬儀に参列。新年号の私の会報を発注し、事務所で打ち合わせ。夜には、自治労士別市職労(西川剛執行委員長)の定期大会に参加したところだ。

 

▼和寒町の奥山町長(左から2人目)と広富副町長(右端)と記念撮影

和寒町の奥山町長(左から2人目)と広富副町長(右端)と記念撮影

▼自治労士別市職労の定期大会で議員活動報告

自治労士別市職労の定期大会で議員活動報告

 


自治労単組訪問-1日目

◆今日(25日)は、2019年夏の参議選全国比例区に立候補を決意された岸まきこさんと単組訪問を行った。

 

◆今日は、中川町の温泉であるポンピラアクアリズイングに宿泊。まず、中川町職からスタートし、音威子府村職、美深町職、名寄市職、士別市職、剣淵町職を訪れ、自治労運動の重要性を訴えさせていただいた。各自治体では、首長の皆さんも対応してただき、地方創生や地方財政、働き方改革などのお話をさせていただいた。

 

◆それにしても今日は厳しい天気であった。特に夕方の士別では、向かい風で息もできないほどであった。明日は、和寒町職からなので、荒れないことを祈るばかりだ。

 

▼中川町の私の後援会長である柏谷会長を訪問。


叙勲-祝賀会

◆今日(24日)は、秋の叙勲において、旭日双光章を受章された 元美深町議会議長の藤守千代子様の受章祝賀会に出席してきた。

◆藤守千代子さんは、昭和62年から平成27年まで、7期28年の長きにわたり美深町議会議員としてご活躍され、特に平成19年からの4年間は美深町議会議長として、美深町の発展にご尽力された。また、私が道議になったときに議長であったことから、大変お世話になり、ご指導もいただいた。

◆今後は、ご健康にご留意され、ますますご活躍されることをご祈念したいと思っている。

▼受章のお礼を述べる藤守千代子さん

宗谷本線活性化協議会

◆今日(23日)は、名寄市で開催された「宗谷本線活性化推進協議会(会長:加藤剛士名寄市長)」の 役員会及び協議会を傍聴してきた。

 

◆今日は、実務者で組織した幹事会での中間報告について議論し、今後協議かとしては、年度末までに一定の方向性を出すことなったた。

 

◆幹事会で議論した中間報告は、宗谷本線を存続することを基本に、利用促進策として、1)特急列車の増便・札幌直通の復活、2)宗谷本線列車乗り入れ販売事業に展開、3)道北地域の観光情報の発信、4)列車観光利用の拡大、5)駅周辺の賑わいづくり、6)地域住民のマイレール意識の醸成、7)名寄・稚内間の高速化の実現、などを提言。一方、経費削減策としては、1)駅の見直し・廃止、2)利用の低い踏切の廃止、3)行き違い設備撤去、4)利用の少ない列車の見直し、などであるが、これでも削減経費は1憶3千万円程度にとどまり、JR北海道が公表した営業損益額の48億円には遠く及ばない。したがって、抜本的な国の支援を求めている。

 

◆幹事会の方向性としては、1)国防・国土保全・生産空間の観点、2)教育・医療・ビジネスの観点、3)観光・交流人口の観点などから、宗谷本線の存続を求めており、国の支援と同時に北海道の支援についても求めているところだ。

 

▼宗谷本線活性化推進協議会で挨拶する加藤会長


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM