九十九大学-入学式&退職者の会-総会

◆今日(10日)は、士別市九十九大学及び大学院の入学式に参列。その後士別市役所で当面する課題等について意見交換。夜には士別市職員退職者の会の定期総会に出席してきた。

 

◆1970年(昭和45)年に開学した九十九大学も、今年度で49期生が入学された。この間、1600名を超える卒業生を輩出し、各方面で活躍され、生涯学習のマチとしての役割を担っていただいている。今年度は、九十九大学に4名が入学、大学院のシルバーマスターコースには8名、ゴールドマスターコースには21名が進学したところだ。

 

◆士別市職員退職者の会(伊藤暁会長)の定期総会は、「安心・信頼の社会保障制度を確立しよう!」をスローガンに開催され、冒頭伊藤会長は、「最近、平和や民主主義がズタズタにされている。政治に緊張感を持たせるためにも、立憲民主党が中心となり、しっかり闘える体制を作ってほしい」との認識を示され、平和や民主主義を守る戦いを進めることを確認したところだ。

 

▼九十九大学・大学院入学式で挨拶

九十九大学・大学院入学式で挨拶

▼退職者の会の総会で乾杯の音頭

退職者の会の総会で乾杯の音頭


東川地区メーデー集会

◆今日(7日)は、第89回東川地区メーデー集会(実行委員長:畑中健東川連合会長)に参加してきた。

◆会場近くの羽衣公園では、満開の桜と遠くの旭岳がとても綺麗であった。

▼第89回東川地区メーデー集会で挨拶

▼満開に咲いている羽衣公園の桜

平昌オリパラ選手を讃える会

◆今日(6日)は、平昌オリンピック・パラリンピックどさん子選手を讃える会・慰労会に参加してきた。

 

◆平昌オリパラでは、北海道にゆかりのある72名が出場。今日はそのうちの43名が参加し、道民にその雄姿を披露した。

 

◆讃える会は、あいにくの雨での開催であったが、多くの道民が参加。今回のメダリストであるスピードスケートで幕別町出身の高木菜那選手、高木美帆選手、厚岸町出身の佐藤綾乃選手に道民栄誉賞を贈られた。(他のメダリストは欠席)

 

◆慰労会では、ジャンプの伊藤有希選手(下川町出身)、カーリング男子の山口剛史選手(南富良野町出身)、平田洸介(北見市常呂町出身)、スピードスケートの佐藤綾乃選手(厚岸町出身)の皆さんと記念撮影を撮らせていただいたところだ。

 

▼ジャンプの伊藤有希選手と記念撮影

ジャンプの伊藤有希選手と記念撮影

▼カーリング男子の山口剛史選手、平田洸介と記念撮影

カーリング男子の山口剛史選手、平田洸介と記念撮影

▼スピードスケートの佐藤綾乃選手と記念撮影

スピードスケートの佐藤綾乃選手と記念撮

▼慰労会に参加したオリパラ選手たち

慰労会に参加したオリパラ選手たち

▼道民栄誉賞を受賞する高木菜那選手

道民栄誉賞を受賞する高木菜那選手

▼高木菜那選手、高木美帆選手、佐藤綾乃選手

高木菜那選手、高木美帆選手、佐藤綾乃選手 
 


富良野地区メーデー集会

◆今日(2日)は、第89回富良野地区メーデー集会(猪股俊弘実行委員長)に参加してきた。

 

◆富良野地区メーデー集会には、連合組合員約200名が参加。冒頭、猪股実行委員長は、先の市長選挙と国政の課題に触れ、「安倍政権を打倒するため、来春の統一自治体選挙や参議院議員選挙をしっかり戦おう」と挨拶。来賓として、佐々木隆博代議士、私・北口雄幸、そして先の富良野市長選挙を共に闘った渋谷正文さんからも激励のあいさつを行いました。

 

▼富良野地区メーデー集会で挨拶

富良野地区メーデー集会で挨拶


メーデー集会-旭川、士別、和寒、剣淵

◆今日(5月1日)は、May Dayだ。メーデーは労働者の祭典なのだ。政府は、働き方改革を進めているが、それはまやかしだ。
政府が進めているのは、企業にとって都合の良い働かせ改革なのではないか…。真の意味で、労働者のとっての働き方改革を進めなければならない。

 

◆そんな今日は、午前中に士別市役所で打ち合わせ後、午後からは旭川地区メーデー集会に参加。その後、士別地区、和寒地区、剣淵地区集会に参加してきたところだ。

 

▼士別地区メーデー集会で挨拶

士別地区メーデー集会で挨拶
 


春を探して…

◆今日(30日)で4月も終わり。今日はとても暖かい一日であった。そんな今日は、春を探しに士別近郊の野山に行ってきた。野山では、誰に見られることもなく、カタクリ、エゾエンゴサク、ネコヤナギ、キバナノアマナなどがひっそり咲きほころ、ちょうど見ごろであった。

 

▼可憐に咲くカタクリ           ▼染色異常か…白いカタクリ

 

▼白とピンクの競演            ▼カタクリと朽ちた白樺

 

▼夕陽とネコヤナギ            ▼エゾエンゴサク

 

 


ピヤシリ登山会

◆今日(29日)は、下川山岳会(加茂清会長)主催の下川町民登山会に参加し、ピヤシリ山(986.6m)に登ってきた。ピヤシリ登山会では、下川町民のほか下川山岳会、下川ジャンプ少年団の皆さんなど総勢50名で、最高齢は下川山岳会の加茂会長が81歳、最年少は6歳で、全員無事に登頂。今日は、素晴らしいお天気にも恵まれ、久しぶりの山頂まで登ることができ、下りはおきまりの尻滑りで楽しんだところだ。



 



◆また夜には、建築会社エーケンを経営している安部英男さんの還暦祝いに出席してきた。日中は、仲間によるゴルフコンペ(私は参加せず)が行われ、夜には誕生会と、愉快な仲間たちと楽しいひと時を過ごさせていただいたところだ。



 



▼参加者全員による山頂記念撮影



参加者全員による山頂記念撮影



▼81歳の加茂下川山岳会長



81歳の加茂下川山岳会長



▼くだりはお決まりの尻滑りを楽しむ



くだりはお決まりの尻滑りを楽しむ



士別不動尊春季例大祭

◆今日(28日)は、士別不動尊の春季例大祭に参列し、家内安全、五穀豊穣、産業発展、世界平和などを祈願してきた。また午後からは、ディリーサポート士別(北口久社長)を訪問し、酪農振興に向けた取り組みについて意見交換をしてきたところだ。

 

▼士別不動尊春季例大祭のゴマ供養

士別不動尊春季例大祭のゴマ供養


地鎮祭&士別森林組合&下川地区メーデー

◆今日(27日)は、士別グランドホテル(加藤唯勝社長)の別館増築工事の地鎮祭に参加。午後からは士別地区森林組合(大西義光組合長)の通常総会に出席。夜には、第89回下川町メーデー集会(実行委員長:山川美紀下川連合会長)に出席してきた。

 

◆士別グランドホテルの別館工事は、現在の東側に建設を予定し、33の部屋と男女別のスパを建設され、今年12月には完成を予定している。士別市では、交流人口の増加でホテル不足が課題となっているだけに、今回の士別グランドホテルの増築工事は、地域の活性化にも期待できそうだ。

 

▼下川地区メーデー集会で挨拶

下川地区メーデー集会で挨拶
 


水産林務委員会道内調査-3日目

◆今日(26日)は、水産林務委員会道内調査の3日目。今日は、釧路市内の株式会社昭和冷凍プラントと株式会社ニッコーを視察してきた。その後、釧路空港から丘珠空港に移動し、士別に戻り士別市文化協会(佐々木正雄会長)の定期総会に出席してきた。

 

◆株式会社昭和冷凍プラントは、酸素を含まない窒素水で氷をつくることにより、魚などの酸化を防ぎ、雑菌の増殖を抑え、鮮度を保つことに大きな効果を発揮しています。この窒素氷のプラントは、24時間全自動で稼働し、利用者は好きな時に購入することができる。ちなみに、通常の氷と同じ、1トンあたり12,000円で販売しているとのことだ。

 

◆株式会社ニッコーは、オンリーワンテクノロジーの機械製造会社として、約70種類もの産業機械を開発製造している。特に、連続式シルクアイスシステム「海氷」は、海水を冷却したマイナス温度のシャーベット状で流動性のある氷をつくり、魚介類の鮮度保持に大いに役立っている。この機械の開発に至る経過では、「鮮度に勝る付加価値なし」との漁師の思いに応えたいとのことで開発したとのことだ。この「海氷」は、漁船掲載用も製造しており、出航前に氷を積み込む作業がなくなり、労力の軽減に寄与しているとと伺った。

 

▼製造された窒素氷の前で記念撮影

製造された窒素氷の前で記念撮影

▼脱水されたシルクアイスを味見

脱水されたシルクアイスを味見


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM