一般質問-2日目&春闘総決起集会

◆今日(22日)は一般質問の2日目。わが会派からは菅原和忠議員(札幌市厚別区)、自民党からは久保秋雄太議員(オホーツク西地域)、清水拓也議員(帯広市)、船橋賢二議員(北見市)、丸岩浩二議員(札幌市南区)、日本共産党からは真下紀子議員(旭川市)の6名が登壇した。

 

◆わが会派の質問項目は、次のとおり。
【菅原和忠議員】
1.介護人材について
2.新エネルギーの推進について
3.IRについて
4.JR北海道の路線見直しについて
5.高等技術専門学院について

 

◆また夜には、自治労北海道本部上川地方本部(長能朋広執行委員長)の2019春闘総決起集会に出席。北海道議会議員選挙に立候補を予定している松本将門氏(旭川市選挙区)、佐藤勝氏(名寄市選挙区)とともに、石川知裕氏の必勝と合わせ決意を述べさせていただいたところだ。

 

▼春闘総決起集会で決意を述べる

春闘総決起集会で決意を述べる

▼佐藤勝氏(中央)と松本将門氏(右)とのスリーショット

佐藤勝氏(中央)と松本将門氏(右)とのスリーショット


一般質問-1日目

◆今日(21日)から一般質問。わが会派からは中川浩利議員(岩見沢市)、池端英昭議員(石狩地域)、自民党からは太田憲之議員(千歳市)、浅野貴博議員(留萌地域)、加藤貴弘議員(札幌市西区)、公明党からは阿知良寛美議員(札幌市東区)の6名が登壇した。

 

◆なお、わが会派の質問項目は次のとおり。
【中川浩利議員】
1.道政運営について
2.児童虐待への対応について
3.農業者に対する支援について
4.食の安全・安心の取り組みについて
(1)豚コレラ対策について
(2)GAP取得の推進について
(3)学校給食への地場産物の活用状況について
5.道立高等学校での追試導入について

 

【池端英昭議員】
1.中小企業における後継者不足について
2.外国人労働者について
3.北海道農業について
(1)気候変動による農作物への影響について
(2)6次産業化について
(3)農業経営体強化について
(4)経営安定対策について
4.水産資源対策について
5.聴覚障害者情報提供施設について
6.北方領土について
7.人口減少対策について


代表格質問

◆今日(20日)から議会が再開。今日は一般質問で、代表格質問である。わが会派からは橋本豊行議員(釧路市)、自民党からは岩本剛人議員(札幌市清田区)、北海道結志会からは白川祥二議員(空知地域)が、知事の政治姿勢などを質問した。

 

◆なお、わが会派の質問項目は次のとおり。
【橋本豊行議員】

1.知事の政治姿勢について
(1)知事の成果について
(2)リーダーシップについて
(3)政治姿勢について
(4)人口減少問題について
(5)SDGsについて
(6)女性の社会参画について
2.財政運営について
3.JR北海道について
4.胆振東部地震等の災害対策等について
(1)早期の復旧・復興について
(2)エネルギー対策について
5.医療・福祉政策について
(1)児童虐待について
  ア.道の取り組みについて
  イ.子どもを守るための連携について
  ウ.学校、教委の対応について
(2)聴覚障害者情報提供施設について
6.第1次産業振興について
(1)国際協定について知事
(2)農業について
  ア.気候変動による農作物への影響について
  イ.農地保全について
(3)日本海におけるニシンの資源増大対策について
(4)森林環境譲与税について
7.経済・雇用対策について
(1)外国人労働者の受け入れについて
  ア.受け入れ見通しと体制整備について
  イ.外国語対応について
  ウ.雇用環境、労働条件の維持・向上について
(2)消費増税への対応について
(3)道産食品輸出について
(4)道立高等技術専門学院について
8.観光施策について
(1)IRについて
(2)バックカントリースキーについて
9.北方領土問題について
10.政府の統計について
11.教育課題について
(1)部活動について


人材確保

◆今日(19日)の議会は、議案審査のため休会。今日は、当面の課題等について、担当職員と意見交換。午後には、北海道における人材確保のための方策についてご提案をいただき、今後の議論の糧にしたいと考えている。

◆また今日は、先日撮影した石川知裕さんとのツーショット写真ができあがったが、あまりにも固い表情であり反省だ。ま、この写真で、チラシ印刷の準備を進めたところだ。

▼石川知裕さんとのツーショット

移動

◆今日(18日)は、久しぶりにいいお天気に恵まれた。少しづつ春が近づいている気がする。

◆そんな今日は、議会が休会のため、地元士別市で士別市職員の皆さんと意見交換。住宅の課題や農政課題、財政問題など、お話しさせていただいた。その後は事務所で打ち合わせ。午後から札幌への移動である。

▼ローカル列車で札幌に向かう

スノーモビル大会&松岡町長事務所開き&郷土研究会

◆今日(17日)は、全日本スノーモビル選手権シリーズ第2戦士別大会の開会式に出席。迫力あるSX-PROクラスからジュニアクラスまで、60名を超える選手が熱戦を繰り広げる。選手宣誓は、地元士別市の菊地妃華(小6)さんである。

 

◆午後には、5期目を目指す東川町長の松岡イチロー後援会(板谷重徳会長)の事務所開きに出席。松岡町長は、「東川町は素晴らしいマチ。先人が残した郷土や文化を次の世代に自信を持って引き継ぐため、5期目を目指して頑張る」と決意を語った。

 

◆夕方には、士別市郷土研究会(朝日保会長)の歴史講座の例会で「士別屯田兵中隊長の名越 源五郎(なごや げんごろう)に生涯」と題し、朝日会長からご講演をいただいた。

 

◆夜には、数年前に解散した士別山岳会のメンバーによる「ワカザキパーティー」に参加。その後、士別市郷土研究会の新年会にもハシゴしたところだ。

 

▼大会に出場する菊地選手と記念撮影

大会に出場する菊地選手と記念撮影

▼5期目の決意を語る松岡町長

5期目の決意を語る松岡町長

▼名越中隊長の生涯を講演する朝日氏

名越中隊長の生涯を講演する朝日氏


9条の会&士別市農連からの推薦

◆今日(16日)は、士別9条の会の総会及び学習会に参加し、安倍改憲を許さないことを確認。また学習会では、旭川日中友好協会の鳴海良司会長より「撫順の奇跡」についてのお話をお聞きした。

 

◆夕方には士別市農民連盟(高橋学執行委員長)及び士別市農政ネットワーク(上山信男会長)と政策協定を締結し、今期道議選の推薦状をいただいた。真の農政改革を求め、農業振興のため頑張る決意だ。

 

▼9条の会で挨拶

9条の会で挨拶

▼士別市農民連盟の高橋委員長からご推薦をいただく

士別市農民連盟の高橋委員長からご推薦をいただく

▼士別市農政ネットワークの上山会長から推薦をいただく

士別市農政ネットワークの上山会長から推薦をいただく


第1回定例会-開会

◆今日(15日)は、平成31年第1回定例会が開会した。この議会は、高橋知事そして私たちの任期の最後の議会であり、高橋知事16年間の総括とこれからも北海道をどうイメージしていくか、極めて重要な議会である。この議会で私は、予算特別委員会に所属し、当面の課題等について質疑を予定している。

 

◆また朝には、連合北海道(出村良平会長)との政策懇談会。さらに昼には、野党統一候補として北海道知事への立候補を決意した石川知裕氏との写真撮影や石川氏の思いをお聞きする議員総会を開催。市町村長などの意見を聞く場としての「北海道経営会議(仮称)」の創設や「北海道独立宣言」などして、北海道の魅力をさらに発信することの重要性を訴えられたところだ。

 

▼熱い思いを語る石川知裕氏

熱い思いを語る石川知裕氏


前日委員会&愛酒多飲

◆今日(14日)は、明日から開会される第1回定例会を控えた前日委員会で、それぞれ下記の事項について審議した。

◆また、北海道庁の道産酒を応援する「愛酒多飲(アインシュタイン)」に参加し、道産ワインとチーズについて意見交換してきた。

◆前日委員会での審議事項は次のとおり。
【水産林務委員会】
1.太平洋クロマグロの資源管理に関する中央要請実施報告の件
1.平成31年第1回定例会提出予定案件の事前説明聴取の件
【新幹線・総合交通体系対策特別委員会】
1.「北海道新幹線羊蹄トンネル(比羅夫)他工事安全祈願」出席の件
1.平成31年第1回定例会提出予定案件の事前説明聴取の件

地方財政セミナー-2日目

◆今日(13日)は、自治労2019年度地方財政セミナーの2日目に出席。冒頭、自治労本部からの課題提起。その後昨日に引き続き2つの講演をお聞きした。

講演4 「2019年度政府予算と地方財政計画」 地方自治総合研究所研究員の其田茂樹氏

講演5 「地方交付税の現状と課題〜2018年度普通交付税算定結果を中心に〜」 地方自治総合研究所研究員の飛田博史氏


地方財政セミナー-1日目

◆今日(12日)は、自治労2019年度地方財政セミナーの1日目。冒頭、自治労の政治フォーラム会長の高橋亨道議から挨拶。その後、3つの講演をお聞きした。

講演1 「自治体のコモン・ニーズ戦略と財政の自治」 埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授の高端正幸氏

講演2 「水道事業の広域化を考える」 横浜市立大学国際総合科学部教授の宇野二朗氏

講演3 「ますます強まる『自治より財源』〜不条理な地方税の『共有化・水平調整』と租税理論に反する増税〜」 神奈川大学経営学部教授の青木宗明氏

▼冒頭挨拶する自治労フォーラム会長の高橋亨道議

食とまちフォーラム

◆今日(11日)は、『見直そう!食とまちファーラムinしべつ「地産地消の共生〜15」』に参加してきた。

 

◆この食のイベントは、士別市農業経営確立対策協議会(会長:榎本實男JA北ひびき代表専務)が主催し、食を通じてまちづくりや地域づくりを考えるものだ。冒頭、榎本実行委員長が挨拶、来賓を代表して牧野市長が祝辞を述べ、士別農連の沼舘初男委員長が「迫る食料危機」と題して世界の食糧事情を報告。その後の講演会では、自身が骨形成不全症の障がいを抱える五十嵐真幸氏から、障がい者と共に暮らす街づくりについてお話を伺ったところだ。その後は試食会。士別市内で収穫された食材で、おいしいお料理を提供いただき、大満足の一日であった。

 

▼榎本実行委員長を囲む牧野市長と私

榎本実行委員長を囲む牧野市長と私


立憲民主党-集会×2

◆今日(9日)は、立憲民主党の集会2つ。旭川市での自治労党員協集会と士別ブロックの党員・パートナーズ集会に参加し、統一自治体選挙と参議戦の勝利を確認したところだ。

 

▼立憲民主党士別ブロックの党員・パートナーズ集会

立憲民主党士別ブロックの党員・パートナーズ集会


地区別懇談会&いのくら会議

◆今日(8日)は、多寄農民連盟(外川悟執行委員長)の地区別懇談会、そして夜には士別地区連合会(高橋将人会長)の「いのちと暮らしを守る会議(通称:いのくら会議)」に出席してきた。地域の声をお聞きすることは大事なこと。地区別懇談会では農家の皆さんの声を、いのくら会議では働く仲間の声をきいたところだ。

 

▼多寄農連の地区別懇談会で農業の課題をお話しする

多寄農連の地区別懇談会で農業の課題をお話しする

▼士別地区連合会のいのくら会議で当面の課題を報告

士別地区連合会のいのくら会議で当面の課題を報告


幌加内連合-大会

◆今日(7日)は、幌加内地区連合会(原田和茂会長)の定期大会に出席。統一自治体選挙の重要性などをお話しさせていただいたところだ。

 

▼幌加内地区連合会の定期大会であいさつ

幌加内地区連合会の定期大会であいさつ


新幹線・総合交通体系対策特別委員会

◆今日(6日)は2月の一斉委員会開催日の2日目。新幹線・総合交通体系対策特別委員会では、下記の事項について審議したとろこだ。

 

◆新幹線・総合交通体系対策特別委員会での審議事項は次のとおり。

1.「第8回青函共用走行区間高速走行早期実現協議会」出席報告の件

1.「北海道運輸交通審議会」の開催結果に関する報告聴取の件

1.航空路線の動きに関する報告聴取の件


水産林務委員会

◆今日(5日)は2月の一斉委員会開催日で、水産林務委員会では、下記の事項について審議した。

 

◆水産林務委員会で審議した事項は次のとおり。

1.随時調査実施報告の件

1.太平洋クロマグロの資源管理に関する中央要請実施の件

1.平成30年北海道漁業生産状況(速報)に関する報告聴取の件

1.噴火湾における養殖ホタテガイの生産状況に関する報告聴取の件


全上川農連−定期総会

◆今日(4日)は、全上川農民連盟(中原浩一執行委員長)の第72回定期総会に出席してきた。冒頭、中原委員長の挨拶のあと、「農業・農村の崩壊に繋がる日米貿易協定等に断固反対し、TPP11及び日EU・EPA協定の影響を食止める特別決議」を採択。私からは、国際貿易協定の影響の検証作業の継続と対策の強化、家族農業に対する支援の強化などについてお話ししたところだ。

 

▼全上川農連定期総会であいさつ

全上川農連定期総会であいさつ


JP労組上川南支部-旗開き

◆今日(3日)は、JP労組上川南支部(横田敏昭支部長)の旗開きに参加。私からは、16年振りの新人同士の知事選あたり、どさんこで北海道を熟知している知事の実現の必要性を訴えさせていただいたところだ。

 

▼JP労組上川南支部の旗開きであいさつ

JP労組上川南支部の旗開きであいさつ


しべつ雪まつり&連合-総会&ふるさとのつどい

◆今日(2日)は、第64回しべつ雪まつりの雪像引渡し式及び開会式に出席してきた。しべつ雪まつりには、自衛隊によるメイン雪像のほか、市内の企業や団体、ボランティアが参加しての雪まつりである。

 

◆午後からは、連合北海道上川地域協議会(三村勉会長)の第29回定期総会に出席し、道政奪還の重要性をお話しさせていただいた。

 

◆そして夜には、ささき隆博衆議院議員の士別後援会(藤原輝幸会長)主催のふるさとの集いin士別に出席。統一自治体選挙や参議選挙について、ご挨拶させていただいたところだ。

 

▼メイン雪像を牧野市長(右)に引き渡し

メイン雪像を牧野市長(右)に引き渡し

▼連合北海道上川地域協議会の定期総会であいさつ

連合北海道上川地域協議会の定期総会であいさつ

▼ささき隆博代議士のふるさとのつどいであいさつ

ささき隆博代議士のふるさとのつどいであいさつ


和寒農連-総会&旗開き×2

◆今日(1日)から2月であるが、そんな今日は和寒町農民連盟(村岡敏一執行委員長)の第72回定期総会に出席。総会に先立ち、前執行委員長の金野宗徳氏の感謝状を贈呈。その後の総会では、国際貿易交渉に対する反対決議が採択された。


◆夜には、東川地区連合会(畑中健会長)の旗開きに参加。東川町は、人口減少社会にあって、微増ではあるが増えている町。働くことを軸とする安心社会の実現に向け、運動を進めることを確認した。

 

◆引き続き、剣淵地区連合会(前田明会長)の旗開きに出席。多くの若い皆さんが参加し、楽しい雰囲気の中で、4月の統一自治体選挙と参議院議員選挙についてお話しさせていただいたところだ。

 

▼和寒町農民連盟の定期総会であいさつ

和寒町農民連盟の定期総会であいさつ
▼東川地区連合会の旗開きであいさつ

東川地区連合会の旗開きであいさつ

▼剣淵地区連合会の旗開きであいさつ

剣淵地区連合会の旗開きであいさつ


上富良野農連-総会&士別退職者の会-新春の集い

◆今日(31日)で1月も終わり。早いものである。そんな今日の午後からは、上富良野町農民連盟(瀬川明宏執行委員長)の第58回定期総会に出席し、国際貿易協定の影響や家族農業の維持、種子条例制定などの課題について、お話しさせていただいた。

 

◆その後、富良野市で地域の課題等について意見交換。夜には士別市職員退職者の会(伊藤暁会長)の新春の集いに出席し、来るべき道議選に向け推薦状をいただき、道政奪還と参議戦勝利を確認したところだ。

 

▼上富良野町農民連盟定期総会であいさつ

上富良野町農民連盟定期総会であいさつ

▼士別市職員退職者の会の伊藤会長から推薦状をいただく

士別市職員退職者の会の伊藤会長から推薦状をいただく


上川-働くものの新春のつどい

◆今日(30日)は、上川地区連合会(小板橋一彦会長)主催の「2019春闘勝利!上川地区働く者の新春のつどい」に参加。安倍政権を打倒し、道政奪還する為にも、統一自治体選挙及び参議院議員選挙に勝利することを確認したところだ。

 

◆またその後、自治労士別市立病院労働組合(高田靖生執行委員長)の「がんばろう新年会」に出席。地域の医療を守るため、広域連携も含めた対策をお話ししたところだ。

 

▼上川地区働く者の新春のつどいであいさつ


 


水産林務委員会-随時調査2日目

◆今日(29日)は、道議会水産林務委員会の随時調査の2日目で伊達市を訪問。伊達市では、いぶり噴火湾漁業協同組合(岩田組合長)及び室蘭漁業協同組合(室村組合長)から、噴火湾におけるホタテの大量死(えい死)問題について、その実態と今後の対策について、意見交換させていただいた。具体的な要請としては、現行の漁業振興資金などの条件緩和などの対応と噴火湾内の水質観測が継続的にできるシステムの構築などを求められ、漁業者の皆さんの期待に応えられるよう、道の関係部局と連携して対応しなければと考えているところだ。

 

▼大量死した養殖ホタテ


水産林務委員会-随時調査1日目

◆今日(28日)は、道議会水産林務委員会(冨原委員長)の随時調査の1日目で、長万部漁協を訪問。渡島漁協の皆さんと噴火湾におけるホタテ稚貝が大量死したことに対し、その実態と対策に対する意見交換をさせていただいた。

 

◆道産ホタテは、道産品の輸出戦略の柱であり、噴火湾ホタテは道内の2割を生産していることから、その稚貝が8割から9割も大量死する実態に、驚くばかりだ。まずは、漁業が続けられる支援をしっかり行い、大量死する原因を早急に突き止めなければならず、漁協と試験研究機関との連携など、対策を求めていかなければならないと感じたところだ。

 

▼渡島漁協の皆さんと意見交換

▼ホタテ稚貝の大量死の現状をお聞きする


JP労組-旗開き&士別農連-総会&道北歌謡研究会-新年会

◆今日(27日)は、お昼からのJP労組上川北支部(溝口信之支部長)の新年旗開きに参加。地域の重要なインフラである郵便局を守っていただいている皆さんに感謝し、「地域の皆さんが暮らし続けることができる社会の実現を目指そう」とお話しさせていただいた。

 

◆午後からは、士別農民連盟(沼舘初男執行委員長)の第71回定期総会に出席し、国際貿易協定の影響や農家戸数の減少、種子条例の制定などについて、お話ししたところだ。

 

◆夕方からは、いつもお世話になっている道北歌謡研究会(上田哲弥会長)の新年交礼会に出席。道北歌謡研究会の皆さんは、歌を通じて仲間づくりや自身の健康づくり、そして例年4月には歌謡ショーの地域イベントも開催するなどの地域貢献もされている。これからも会員相互の交流と健康に留意し、活動を続けていただきたいと思っている。

 

▼JP労組上川北支部の旗開きであいさつ

JP労組上川北支部の旗開きであいさつ

▼士別農民連盟の定期総会であいさつ

士別農民連盟の定期総会であいさつ

▼道北歌謡研究会の皆さんと記念撮影

道北歌謡研究会の皆さんと記念撮影


農連-定期総会&町長-新年会×2

◆今日(26日)は、上士別農業経営者連盟(高橋学執行委員長)の定期総会に出席、国際貿易協定の影響や種子条例、農家戸数の減少対策などをお話しした。


◆その後、鷹栖町長である谷寿男後援会(山原稔会長)の新年交礼会に出席。2012年10月に初当選され2期目の後半を迎えた谷町長は、「人口減少は課題であるが大事なのは人材だ。これからも新しい力を結集し、元気なまちづくりを進める」と決意を語った。

 

◆夜には、上富良野町長の向山富夫後援会(伊藤里美会長)の新年交礼会に出席。「町内すべての皆さんに光りがあたる町制を進めたい」が向山町長の政治姿勢であり、このことは私も見習わさせていただいており、「安心して暮らせる上富良野を創る」とお話しされたところだ。

 

▼定期総会で挨拶する高橋学執行委員長

定期総会で挨拶する高橋学執行委員長

▼鷹栖町長 谷寿男氏

鷹栖町長 谷寿男氏

▼上富良野町長 向山富夫氏

上富良野町長 向山富夫氏


為書き&富良野農連-総会&富良野-旗開き

◆今日(25日)は、移動の一日であった。朝、4月21日に執行される下川町長選挙に立候補を決意された前下川町議会議長の木下一己氏の後援会事務所を訪問。早朝にもかかわらず、木下氏のほか武藤後援会長など、多くの皆さんが出迎えてくださった。そして、木下氏とは、下川町のまちづくりに対する思いなどをお聞きしたところだ。

◆その後士別市に戻り、事務所で打ち合わせ後富良野に移動。富良野では富良野農民連盟(藤井秀幸執行委員長)の定期総会に出席。私からは、昨年の残念だった出来秋や国際貿易協定の影響やこれ以上農家戸数を減らさないための覚悟と決意などをお話しさせていただいた。

◆夜には、富良野地区連合会(鈴木雄二会長)などの合同旗開きに参加。4月の道議選挙に向けた推薦のお礼を申し上げ、統一自治体選挙の意義やその後の参議院議員選挙の重要性をお話ししたところだ。

▼為書きをバックに木下氏と記念撮影


▼富良野農連定期総会であいさつ

▼富良野地区合同旗開きであいさつ

士別LC例会

◆今日(23日)は、事務所で書類整理のあと、企業や団体を訪問し、道政報告をさせていただいた。夜には、士別ライオンズクラブ(平中喜幸会長)の夜例会に出席してきた。例会では、ダイヤモンド100周年アワードとして、この期間中に会員を拡大したL川副春夫がが、記念バッチを授賞しました。

 

▼ダイヤモンド100周年アワードを受けるL川副春夫(右)

ダイヤモンド100周年アワードを受けるL川副春夫(右)


OB会-新年交礼会

◆今日(22日)は、前和寒町長であった故伊藤昭宣氏の葬儀に参列。午後からは、溜まった屋根の雪を下ろした。久しぶりの力作業で、わずか1時間の作業であったが、終わるとヘトヘト…。体力の低下を痛感したところだ。

 

◆夜には、士別市職員OB会(相山愼二会長)の新年交礼会に出席。元気な先輩のお顔を拝見し、パワーをいただいたところだ。

 

▼士別市職員OB会新年交礼会で挨拶する相山会長

士別市職員OB会新年交礼会で挨拶する相山会長


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM