山本町長-三期目当選

◆今日(28日)は、葬儀に参列後多寄農民連盟を訪問し、私の会報配布を依頼。午後からは、事務所で来客対応し、その後は士別市役所で当面する課題等について意見交換。夜には、東神楽町を訪問し、山本進町長の三期目当選の報告会に出席した。

 

◆東神楽町長選挙が告示され、三期目をめざす現職の山本進町長(53歳)以外の立候補が無く、山本町長が無投票で三期目の当選を決めた。当選した山本町長は、「東神楽町は、大きな事業が待ち受けている。これからの50年、100年先を見越したまちづくりを進めていく。これからもご支援を…」と挨拶されたところだ。

 

▼山本町長三期目当選のお祝いのあいさつ

山本町長三期目当選のお祝いのあいさつ


士別農連-定期総会

◆今日(26日)は、士別農民連盟(沼舘初男執行委員長 )の第72回定期総会に出席。総会の冒頭、沼舘委員長からは「農連運動は、価格闘争から政策提言運動に変わってきた。だから政治との関わりは強くなっており、選挙闘争も重要な課題だ」と、農連と政治闘争の関連性を話され、「拙速な日米貿易協定に抗議する特別決議」を採択したところだ。

 

▼士別農民連盟の定期総会であいさつ

士別農民連盟の定期総会であいさつ


JR労組-運動会&上士別農連-総会&新年交礼会×2

参加者全員で記念撮影◆今日(25日)の午前には、JR北海道労組宗谷支部(谷川明宏執行委員長)の「団結!大運動会2020」に参加した。競技は、大縄跳びやかりもの競走、玉入れ、綱引きなど、家族も楽しめるゲームばかりだ。今年は、JR北海道の路線維持問題の正念場。新たな支援のあり方を求めるためにも組合員が一致団結する事が大事だ。大運動会でいい汗を流し、鉄路を残すため団結する事を確認できたところだ。(参加者全員で記念撮影)

 

上士別農業経営者連盟の定期総会であいさつ◆午後からは、上士別農業経営者連盟(高橋学執行委員長)の第15回定期総会に出席。冒頭、高橋委員長は「昨年は天候に翻弄された一年であったが、まずまずの出来秋でもあった。また、国際貿易協定に翻弄された一年でもあった。世界的な地球温暖化に対応するため、環境を守り、家族農業を守ることが必要だ」との挨拶された。(上士別農業経営者連盟の定期総会であいさつ)

 

谷町長後援会の新年交礼会であいさつ◆夕方には、鷹栖町の谷寿男町長後援会(山原稔会長)の新年交礼会に出席。挨拶に立った谷町長は、「町長として8年目を迎えた。この間、基盤整備や担い手センターなどを整備し、新しい風が吹きはじめた。この風に帆を張り、しっかりと受けとめ、元気な鷹栖町をつくっていきたい」と決意を語られた。(谷町長後援会の新年交礼会であいさつ)

 

向山町長後援会の新年交礼会であいさつ◆夜には、上富良野町の向山富夫町長後援会(伊藤里美会長)の新年交礼会に出席。3期12年目を迎えた向山町長は、これまでの取組の成果と課題を述べたあと、「これからも町民のすみずみまで光のあたる政策をすすめる」と決意を新たにされてていた。(向山町長後援会の新年交礼会であいさつ)


富良野農連-総会&富良野連合-旗開き

◆今日(24日)の午後からは富良野農民連盟の定期総会に出席。夜には富良野地区合同旗開きに参加し、ご挨拶させていただいた。

 

▼富良野地区連合会の旗開きであいさつ

富良野地区連合会の旗開きであいさつ


環境生活委員会-道外調査の4日目&士別地区連合会-総会

◆今日(23日)は、環境生活委員会の道外調査の4日目で最終日。朝早くホテルを出発し原爆ドームを見学。その後に平和記念資料館も移動し、原爆の恐ろしさと戦争の悲惨さを学んだ。唯一の被爆国である日本として、一日も早い核兵器の完全廃棄と恒久平和に向けた取組を進めなければと、決意を新たにしたところだ。

 

◆また夜には、士別地区連合会(高橋将人会長)の第40回定期総会に出席し、挨拶をさせていただいた。士別地区連合会長を3年務められた高橋将人さんに代わり、中岡賢二さん(士別市労連)が新会長に就任した。

 

▼平和記念公園で記念撮影

平和記念公園で記念撮影

▼中岡新会長の音頭による団結ガンバロー

中岡新会長の音頭による団結ガンバロー


環境生活委員会-道外調査の3日目

◆今日(22日)は、環境生活委員会の道外調査の3日目。今日は、新大阪駅から広島駅まで新幹線で移動。広島駅からはバスで呉市に向かい、呉市の大和ミュージアムにて、会館の運営状況や集客に向けた取組状況を調査した。

◆呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)は、日本の近代化の歴史とその基礎を築いた造船、鉄鋼を始めとした科学技術等を紹介することにより、地域の教育や文化、観光等に寄与することを目的に2005(平成17)年4月に開館され、以来100万人を超す入場者を集め、その実績は高く評価されている。多くの入館者を集める背景には、開館3年後から指定管理者制度を導入し、行政と民間が連携した取組の成果と言われている。

◆北海道では、国立の民族共生象徴空間(ウポポイ)を今年の4月24日のオープンを控えており、来場者目標100万人の達成に向け、一層の努力をしていかなければならないと感じたところだ。

▼大和ミュージアムの取組状況を調査


▼戦艦大和の10分の1モデルの前で記念撮影

環境生活委員会-道外調査の2日目

◆今日(21日)は、環境生活委員会での道外調査の2日目。今日は、名古屋市から新幹線で大阪に移動。大阪市では、昨年7月に世界文化遺産登録された「百舌鳥・古市古墳群」の登録に至る経過やその後の活動と課題などについて、大阪府と堺市の関係者からお話しをお伺いした。

◆百舌鳥・古市古墳群は、4世紀後半から5世紀にかけて150基以上の遺跡が築造されたと言われており、保存状態の良い49基が世界文化遺産に登録されたのである。

◆北海道・北東北縄文遺跡群の世界文化遺産に向けた登録作業を進めており、百舌鳥・古市古墳群に続いた登録されるよう対応を強化していかなければならないと感じたところだ。

▼仁徳天皇陵の前で記念撮影

▼大阪府で百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録の取組を調査

環境生活委員会-道外調査の1日目

◆今日(20日)は、環境生活委員会の道外調査で、岐阜県土岐市を訪問。土岐市では、環境に配慮した取組として、リサイタル食器を手がける(株)おぎそを視察。(株)おぎそでは、全国各地の小中学校から割れた食器を回収し、粉砕食器を活用した高強度磁器食器の製造・販売を構築している。また、会長の小木曽順務氏は、元船員の経歴から、海洋ゴミの適正処理にも力を入れており、海洋ゴミを回収し、再生資源化技術により、再生エネルギー化するまでの静脈物流システムの構築をめざしている。

▼視察メンバーで記念撮影

▼(株)おぎそでリサイタル食器の製造工場を視察

道北歌謡研究会-新年交礼会

◆今日(19日)は、道北歌謡研究会(上田哲也会長)の新年交礼会に出席してきた。

◆ 道北歌謡研究会は、33年前に会員の歌唱力の向上や地域貢献を目標に結成され、毎年の会員歌唱発表会では、多くの皆さまが駆け、盛会に開催されている。今年も4月12日の開催に向け、チケットの販売を開始するなど、活発な活動を展開されているところだ。

▼道北歌謡研究会の新年交礼会で記念撮影

7空港民営化スタート&道政報告「新春のつどい」

◆今日(18日)は、北海道内7空港民間運営開始「旭川空港記念式典」に出席。道内7空港の運営を担う北海道エアポート株式会社旭川空港事業所の北野俊勝所長は、「現在の旭川空港の利用者は年間120万人ほどだが、将来には倍の250万人をめざし、未来につなげる役割を果たしたい」と力強い決意を語られた。 

 

◆そして夜には、私の連合後援会総会及び道政報告「新春の集い」を開催させていただき、多くの皆さんにお越しいただいた。冒頭、小貫勝太郎後援会長から挨拶。その後来賓を代表し、牧野勇司士別市長、浦本元人北海道副知事、佐々木隆博衆議院議員にご挨拶をいただいた。そして、道北歌謡研究会から花束をいただき、道政報告。それぞれの首長の皆さんもご一緒の鏡開きのあとは、榎本實男JA北ひびき専務の音頭で祝宴に移らせていただいた。そして締めの音頭は、松ヶ平哲幸士別市議会議長の三本締めで集いを終えさせていただいたところだ。多くの皆さんにお越しいただき、感謝である。

 

▼ご来場の皆さまをお出迎え

▼小貫勝太郎会長からの主催者あいさつ

▼牧野勇司士別市長からの激励のあいさつ

▼浦本元人北海道副知事から激励のあいさつ

▼佐々木隆博衆議から激励のあいさつ

▼道北歌謡研究会から花束をいただく

▼北口雄幸道議から道政報告とお礼のあいさつ

▼来賓の皆さまとの鏡開き

▼榎本実男JA北ひびき専務による乾杯の音頭

▼ご参加いただいた皆さまの各テーブルにあいさつ

▼松ケ平哲幸士別市議会議長による締めの音頭

▼ご参加いただいた皆さまをお見送り


 


現地監査-上川教育局

◆今日(17日)は、上川教育局の現地監査だ。数日前から事務局スタッフが事前監査を行っており、私は旭川東高校を視察後、旭川教育局を訪問し、概況説明の後に事務局と協議し、講評を述べさえていただいた。全体的に大きなミスはなく概ね適正に処理されていたが、一部指摘したところだ。上川教育局のスタッフは女性が多く、その女性が積極的に対応していただくなど、これからにおおきに期待できるものである。依然として厳しい道財政であるが、そのことを理解しながらも、北海道の教育の充実に努めてほしいものである。


JR問題

◆今日(16日)は、道議会においてJR北海道の路線維持問題で、会派のプロジェクト会議及び立憲民主党北海道の対策本部会議会議に出席。道庁からは国に提案する「持続可能な鉄道網の確立に向けた基本的な考え方(案)」について説明を受け、党の対策本部の荒井衆議及び道下衆議などとは、国の進め方や今後の方針などを確認したところだ。

 

▼荒井衆議と道下道議との意見交換

荒井衆議と道下道議との意見交換


畜産クラスター事業&運輸労連

◆今日(14日)は、畜産クラスター事業に対する取組についてJA北ひびきと士別市役所で意見交換。午後からJRで札幌に移動し、自治労北海道本部と全道庁労連本部に挨拶。夜には運輸労連北海道地方連合会(紺野則仁執行委員長)の2020年新春交歓会に出席してきた。

▼年頭のあいさつをする紺野執行委員長

あかしや老人倶楽部&士別青年会議所

◆今日(13日)は、私の住むあかしや老人倶楽部(紺野勉会長)の新年会に出席。今年も会員の皆さまのお元気な顔を拝見し、これからも長生きをしていただきたいと願ったところだ。

 

◆また夜には、一般社団法人 士別青年会議所(鈴木春樹理事長)の新年交礼会に出席。人数は少なくなったが、「人心一新 〜鍛え打て 鋼の心〜」を今年のスローガンに、ワンチームで頑張ると決意を新たにされてたところだ。

 

▼あかしや老人倶楽部新年会であいさつ

あかしや老人倶楽部新年会であいさつ


士別市成人式

◆今日(12日)は、士別市成人式に出席してきた。

 

◆今年成人を迎えられたのは、1999年4月から2000年3月に生まれ方々で、男性73名女性73名の146名である。式典の前段には、士別市吹奏楽団による成人を祝う演奏が3曲披露され、その後の式典では、高橋虎太郎さんと渡辺妃奈さんによる市民憲章の朗唱が行われ、牧野市長の贈る言葉、来賓祝辞と続いた。最後は、新成人を代表し小谷美優さんから誓いの言葉が話され、厳粛な中にも盛会な成人式が執り行われたところだ。

 

▼士別市成人式であいさつ

士別市成人式であいさつ


創成自治会総会

◆今日(11日)は、私の住む創成自治会(塩ノ入高徳会長)の総会及び懇親会に出席。私は顧問としての立場だが、なかなか行事などにも参加できず、その役割を果たしていないことが申し訳ない。今後はできるだけ参加するようにしたいと思っている。総会での役員改選では、塩ノ入会長に代わり小林裕明氏が会長に選出されたところだ。

 

▼総会後の懇親会で乾杯の音頭を取らせていただく

総会後の懇親会で乾杯の音頭を取らせていただく


監査委員会議

◆今日(10日)は、監査委員会に出席。監査事務局職員が各部の書類を監査した事項について審議した。

 

◆道庁赤レンガ前庭には、ウポポイ(民族共生象徴空間)が、今年4月24日に北海道白老町に開設されるが、そのカウントダウンボードが設置されている。開設まであと105日と表示されているが、なかなかウポポイの認知が高まらない。アイヌ文化の復興・創造の拠点としての施設であるだけに、一人でも多くの皆さんにお越しいただければと思っている。

 

▼ウポポイ開設までのカウントダウンボード

ウポポイ開設までのカウントダウンボード


宗谷線ブロック-総会&連合上川地協-旗開き

◆今日(9日)は、JA北ひびきを訪問し当面の課題等について意見交換。その後士別市役所の担当課でその件に対する対応状況などを懇談した。午後には、全上川農民連盟宗谷線ブロック協議会の定期総会に出席し、ご挨拶させていただいた。そして夜には、連合北海道上川地域協議会の新年旗開きに参加し、加盟組織の皆さんと懇談を深めた。その後は、翌日の札幌のためJRにて移動である。

 

▼宗谷線ブロック協議会の総会であいさつ

宗谷線ブロック協議会の総会であいさつ

▼連合上川地協の旗開きでは、3人の道議で乾杯の音頭

連合上川地協の旗開きでは、3人の道議で乾杯の音頭


北方領土対策特別委員会

◆今日(8日)は、北方領土対策特別委員会が開催され、下記の事項について審議した。

 

◆北方領土対策特別委員会審議事項

1.「北方領土の日」特別啓発機関に関する説明聴取の件

1.「北方領土早期返還記念合唱コンサート」及び「2020北方領土フェスティバル」出席の件

1.令和2年度よさん政府案の概要に関する報告聴取の件

1.令和元年度北方領土中学生作文コンテスト実施欠陥移管する報告聴取の件


環境生活委員会&新年会×3

◆今日(7日)は、新年初の一斉委員会で環境生活委員会が開催され、下記の事項について審議した。その後、北海道林業人新年交礼会、連合北海道新年交礼会、環境生活委員会と幹部職員との新年会にそれぞれ参加してきた。

 

◆環境生活委員会審議事項

1.令和元年度北海道地域文化選奨贈呈式への出席の件

1.令和2年度予算政府案等の概要に関する報告聴取の件

1.環境生活部環境局所管の各種計画の改定に関する報告聴取の件

1.北海道動物の愛護及び管理に関する条例の一部を改正する条例(素案)に対する道民意見の概要等に関する報告聴取の件

1.令和元年交通事故発生概要及び令和2年における交通安全運動の推進方針に関する報告聴取の件

 

▼北海道林業人新年交礼会であいさつ

北海道林業人新年交礼会であいさつ


仕事始め&士別市消防出初式

◆今日(6日)から士別市役所の仕事始め。市役所内であいさつ回りをしながら、当面の課題等について意見交換。午後からは士別市消防の出初式に参列。懇親会にも参加し、夜にはJRで札幌に向かった。

 

▼士別市消防出初式であいさつ

士別市消防出初式であいさつ


占冠消防-出初式&士別市・名寄駐屯地-新年交礼会

◆今日(5日)は、占冠消防の出初式に参列、夜には士別市及び名寄駐屯地の新年交礼会に出席してきた。

 

◆朝早くに自宅を出発し占冠に向かう。そんなに雪も降っておらず、順調に3時間ほどで占冠に到着である。ちょっと早く着きすぎたので、占冠駅で時間調整。駅ではちょうど札幌行きと釧路行きの特急が交差するところであった。そんな状況での占冠消防の出初式であったが、35名の職団員がきびきびした整列に始まり、式典では永年勤続表彰を受けられた隊員に表彰状が贈られ、これからも訓練後通じて住民の安全安心をつくっていただくようご挨拶させていただいた。

 

◆士別市の新年交礼会は、士別市・士別商工会・北ひびき農業協同組合・朝日商工会の三団体による開催であり、冒頭牧野勇司市長が語った5つの課題(庁舎移転、まちなか交流プラザ、合宿誘致、農業振興、各団体との連携)について、しっかり対応すると約束させていただいた。

 

◆名寄駐屯地の新年交礼会では、駐屯地音楽隊の音色や力強い朔北太鼓が披露され、最後はラグビーボールに名前を記入し、ワンチームでの活躍を確認したところだ。

 

▼占冠消防出初式で永年勤続表彰を受ける隊員の皆さま

占冠消防出初式で永年勤続表彰を受ける隊員の皆さま

▼鏡開きの前にご挨拶の機会をいただく

鏡開きの前にご挨拶の機会をいただく

▼名寄駐屯地の新年交礼会であいさつ

名寄駐屯地の新年交礼会であいさつ


新春街宣

◆今日(2日)は、2020年の年頭街宣活動開始で、ささき隆博代議士、西川剛士別市議とともに、国政、道政、市政報告を行った。今日は、和寒町、剣淵町でそれぞれ1ヵ所、士別市で4ヵ所の合計6ヵ所で街宣活動を行い、多くの皆さまから激励の声をかけていただいた。

 

▼恒例となっている新春街宣活動

恒例となっている新春街宣活動


士別神社-歳旦祭

◆今日(1日)から2020(令和2)年が始まった。輝かしい一年の始まりである。そんな今日は、士別神社の歳旦祭に出席し、世界平和や市内平安、交通安全、商売繁盛、家内安全などをお祈りしたところだ。

 

▼歳旦祭が行われた士別神社本殿

歳旦祭が行われた士別神社本殿


士別農連-執行委員会&仕事納め

◆今日(27日)は、士別市役所の仕事納めにあたり、各職場をあいさつ回りを行った。また夜には、仕事納めの懇談場所を訪問し、日ごろの活動へのお礼などを申し上げた。

 

◆午後からは、士別農民連盟(沼舘初男執行委員長)の年末執行委員会で道政報告の機会をいただき、先の議会での議論があった、カジノを含むIRや幌延深地層研究センターの研究期間延長問題、日米貿易協定発効に伴う影響などについて報告させていただいた。

 

▼士別農民連盟の年末執行委員会で道政報告

士別農民連盟の年末執行委員会で道政報告


年末あいさつ&士別市労連-定大

◆今日(26日)は、残っていた地域の年末挨拶だ。今日は、東神楽町、東川町、美瑛町を訪問。地域課題や道政報告をさせていただいた。

 

◆また夜には、自治労士別市労連の定期大会に出席し、組織内道議として議員活動報告をさせていただいた。

 

▼角和浩幸美瑛町と懇談

角和浩幸美瑛町と懇談

▼自治労士別市労連定期大会で活動報告

自治労士別市労連定期大会で活動報告


今年最後の札幌へ

◆今日(24日)は、今年最後の札幌行きだ。では、行ってきます(^^♪

 

▼今年最後の札幌へもJRで移動

今年最後の札幌へもJRで移動


年末-あいさつ

◆今日(23日)は、年末の挨拶まわり。朝早く自宅を出発し、占冠村、南富良野町、富良野市、中富良野町、上富良野町を訪問し、地域の課題や道政報告をさせていただいた。年末最後の仕事を終わらせようと、各職場の皆さんは必死で仕事をしていた。

 

◆夜には士別に戻り、チョッピーさんの「年忘れの集い」に参加。普段なかなかお会いできない皆さんとさまざまな課題について意見交換をさせていただき、有意義なひと時であった。

 

▼占冠村では田中村長と意見交換

占冠村では田中村長と意見交換

▼中富良野町では小松田町長と意見交換

中富良野町では小松田町長と意見交換


多寄農連-総会

◆今日(21日)は、多寄農民連盟(外川悟執行委員長)の第72回定期総会に出席。総会の冒頭には、「拙速な日米貿易協定に抗議に抗議する特別決議」が採択され、私からは日米貿易協定による影響や消費税増税に伴う確定申告の課題等についてお話したところだ。

 

◆また夜には、士別市内で中核的な農業をされている農家の皆さんと旭川にて懇談会に参加。持続可能か農業のあり方や家族農業を進める課題等について意見交換をさせていただいた。

 

▼冒頭あいさつする外川悟多寄農連委員長

冒頭あいさつする外川悟多寄農連委員長


現地監査-網走復路

◆今日(20日)は、オホーツク教育局における現地監査である。最初に、北海道網走桂陽高等学校を視察。網走桂陽高校は、2008(平成20)年に道立網走向陽高等学校と私立網走高等学校を統合して開校。現在は、普通科2間口、商業科1間口、事務情報科1間口の学科を設置し、特にボランティア活動に力を入れていることを伺った。

 

◆その後、オホーツク教育局にて局長から概況説明を受け、現地監査の講評である。教育局幹部を前にして、監査結果等をお話しさせていただいた。

 

◆お昼過ぎには、網走を出発し、午後6時前に士別に到着した。現地での仕事は3時間ちょっと。移動は12時間の出張であった。

 

▼まったく雪がない網走駅

まったく雪がない網走駅


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM