一般質問-2日目

◆今日(3日)の午後からは一般質問の2日目。わが会派からは小岩均議員(北広島市)、自民党からは大越農子議員(札幌市豊平区)、船橋賢二議員(北見市)、公明党からは森成之議員(札幌市白石区)の4名が質問を行った。また午前には、会派の勉強会を行い漁業法の改正について学んだところだ。

 

◆わが会派の質問項目は次のとおり。

【小岩均議員】

1.日ハムの新球場整備について
2.外国人労働者の受け入れについて
3.在住外国人の増加と対策について
4.消防広域化と諸課題について
 

 


自治労上川地本-定期大会

◆今日(1日)から12月。今年もあと1か月となった。そんな今日は、自治労北海道上川地方本部(長能朋広執行委員長)の第23回定期大会に出席し、第4回定例会の課題や今国会での重要法案等についてお話ししてきた。

 

◆また午後には、当麻町の新庁舎が完成し、内覧会及び完成祝賀会に出席。夜には、自治労上川地方本部の歴代四役が集まり当時を振り返り、今の政治を変えるため頑張ることを確認したところだ。

 

◆その後士別に戻り、士別の政治を考える会(佐藤正敏会長)の年末例会の二次会に参加し、道政の課題や国会の状況について意見交換をさせていただいたところだ。

 

▼自治労北海道上川地方本部の定期大会であいさつ

自治労北海道上川地方本部の定期大会であいさつ


一般質問-1日目

◆今日(30日)は、第4回定例会の一般質問の1日目だ。わが会派からは松山丈史議員(札幌市豊平区)、自民党からは花崎勝議員(札幌市厚別区)、北海道結志会は金岩武吉議員(日高地域)の3名が質問を行った。

 

◆なお、わが会派の質問項目は次のとおり。

【松山丈史議員】

1.知事の政治姿勢について
(1)知事の去就について
(2)職務の成果について
(3)人口減少対策について
2.胆振東部地震等の災害対策について
3.交通政策について
(1)JR北海道の路線維持対策について
(2)道内7空港運営委託後の災害対応について
4.医療・福祉政策について
(1)地域医療の確保について
(2)児童虐待防止対策について
(3)配偶者や交際相手からの暴力防止について
(4)不育症治療について
5.第1次産業について
(1)国際交渉について
(2)ホッカイドウ競馬について
(3)水産林務行政について
(4)漁業法の改正について
(5)トドによる漁業被害対策について
6.経済・雇用対策について
(1)道内経済の状況について
(2)就業支援について
(3)外国人労働者の受け入れについて
(4)介護離職について
7.北方領土問題について
8.IRについて
9.アイヌ政策について
10.博物館等周辺地域の整備について
11.オリンピックについて
12.原子力防災について
13.建築物用オイルダンパーの検査データ改ざんについて
14.企業との連携について
15.教育課題について
(1)夜間中学について
(2)時間外勤務解消のアクションプランについて
(3)業務負担軽減のための人的配置について


文化を語る夕べ

◆今日(28日)の議会は休会。今日は一度士別に戻り、士別市役所で自治体に関する課題について意見交換。夜には、士別市文化協会(佐々木正雄会長)の「文化を語る夕べ」に出席してきた。

 

◆今年の文化を語る夕べでは、文化振興に貢献のあった「いぶき吟社」の佐々木武雄氏に貢献賞が贈られた。また団体の部では、士別市立南中学校の吹奏楽部が奨励賞を受賞したところだ。

 

◆また、ミニ講演会では、公益財団法人 日本詩吟学院認可「北・北海道岳風会所属士別支部」尾形希岳支部長から『詩吟を楽しむ』と題した講演をいただいたところだ。

 

▼詩吟の楽しさを伝える尾形支部長

詩吟の楽しさを伝える尾形支部長


第4回定例会-開会

◆今日(27日)から12月13日までの17日間の日程で、第4回定例道議会が開会した。今回の定例会では、先の胆振東部地震の復旧復興にむけた取り組みやエネルギーの地産地消、16年の任期を終わろうとする知事の政治姿勢、JR北海道の路線維持問題、カジノを含むIRの誘致、その他農業や漁業の第一次産業振興、北方領土問題、教育課題などを議論する。また、現在国会で議論している外国人労働者受け入れ問題や水道法、漁業法の改正問題、さらには幼児教育の無償化に対する地方の負担問題など、議論しなければならない課題は山積している。第4定例会は、17日間の会期と極めて短いが、しっかりとした議論を展開する決意だ。

 

◆また知事からは、今定例会で394憶円の補正予算が提案されたが、震災に対する復旧経費である265億円については“急を要する”とのことで冒頭先議し、今日可決したところだ。


前日委員会

◆今日(26日)は、明日から開会される第4回定例会に向け、前日委員会が開催され、下記の事項について審議した。またお昼には、北海道私立学校教職員組合協議会(川又英弘執行委員長)の皆さんがお越しになり、私学助成拡充に関し、〇箜惺纂砲梁竸眠修凌篆福高等学校等修学支援金の所得制限の廃止、私学に対する道予算の確保、などの要請を承ったところだ。

 

▼私学助成拡充の要請を受ける高橋会長

私学助成拡充の要請を受ける高橋会長


富良野道路-開通式

◆今日(24日)は、『旭川十勝道路「富良野道路」(北の峰IC〜布部IC)』の開通記念式及び渡り初め式に出席してきた。

 

◆富良野道路は、旭川と占冠を結ぶ観光はもちろん、農産物の輸送、救急患者の搬送、災害時の代替道路としての役割が期待され、上川圏と十勝圏の連絡機能の強化を図ることが期待される。

 

◆一方、この道路の8.7kmの工事には、12年の歳月と437億円の巨費が投入されての完成であるが、一日も早い全線の開通を目指すと同時に、費用を抑えた工法の開発などが課題となるこのと考えている。

 

▼テープカットとくす玉を割って開通を祝う!

テープカットとくす玉を割って開通を祝う!

▼沿線のゆるキャラたちと記念撮影

沿線のゆるキャラたちと記念撮影


広範な国民連合

◆今日(23日)の神奈川県川崎市は素晴らしいお天気に恵まれた。まさに、秋晴れだ。しかし、私の住む北海道は10センチほどの雪が積もっているとかで、改めて日本は広いと感じたところだ。

 

そんな今日は、川崎市で開催された広範な国民連合の全国世話人会議に出席してきた。全国世話人会議では、朝鮮半島や中国などのアジアとの情勢や日米安保そして地位協定の見直し問題、沖縄の基地問題、TPPなどの国際交渉と農業、分散型エネルギー問題、外国人の労働力受入の課題など、今後の日本の方向性について議論してきたところだ。

 

▼胆振東部地震とブラックアウトについて報告

胆振東部地震とブラックアウトについて報告
 


酪農組合連合会-50周年

◆今日(22日)は、士別市酪農組合連合会(中垣和弘会長)の設立50周年記念式典に出席してきた。

 

◆士別市酪農組合連合会は、1968(昭和43)年会長に高石重雄氏を選出して設立。2代目会長は、私の父が昭和51年から12年間会長を務めており、私にとっても感慨深い組織である。いま、酪農をめぐる情勢は、国際貿易交渉により外国の安い乳製品が輸入され、厳しい環境が予想されることから、しっかりした対応が求められており、私の立場でも頑張る決意だ。

 

▼当時の歴史をご挨拶させていただく

当時の歴史をご挨拶させていただく


自治労政治フォーラム

◆今日(21日)は、自治労北海道本部政治フォーラム(高橋亨会長)の定期総会及び記念講演会に参加してきた。

 

◆今日の記念講演会は、「自治体戦略2040構想研究会報告について」と題し、地方自治研究所の主任研究員である今井照氏からで、団塊ジュニアの世代が65歳となる2040年の自治体のあり方を国が検討しており、その第二次報告が出されたものを検証するものだ。この報告書では、AIを活用すれば自治体の人員は半分で済むとのことも書かれており、住民サービスをないがしろにしたものとなっている。私たちとしては、しっかり検証し今後の対応を検討していかなければならないと感じているところだ。

 

▼自治体戦略2040構想についてお話しする今井研究員

自治体戦略2040構想についてお話しする今井研究員


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM