<< 終日委員会&政策懇談会&日台勉強会 | main | 年末あいさつ >>

第4回定例会-閉会

◆今日(12日)をもって、令和元年第4回定例道議会が閉会した。

 

◆今議会では、カジノを含むIRや幌延深地層研究センターの再延長、JR北海道の路線維持問題、日米貿易協定などによる影響、新たな観光税問題、2020東京オリンピック開催に伴うマラソン・競歩競技の札幌開催など、多くの課題が山積する議会であった。また、自民党・道民会議会派が喫煙室の設置を決めたことに対し、10万人を越える道民が反対署名を提出されるなど、道議会に対する道民の目がより厳しくなった議会でもあった。

 

◆高橋道政からバトンを受けた鈴木知事は、IRの申請を今回は見送るといたものの、IRに対する挑戦は続けるとも発言し、どちらにもいい顔をする姿勢が混乱をさらに拍車をかけた結果となった。一方幌延深地層研究センターの延長問題では、多くの道民が反対や懸念を示しているにもかかわらず、「自ら日本原子力研究開発機構と会い、核の持ち込みをしなことを確認した」との事だけで再延長を認めたのである。そして、予算特別委員会では、「再延長はしない」と明言したものの、計画書には書くことをせず、無責任な対応を指摘せざるを得ないのである。

 

◆今議会をもって令和元年の議会が終わったわけだが、依然として課題山積であり、地域の声を受けながら地域の声をしっかり届ける役目を果たし、元気な北海道をつくっていきたいと決意を新たにしたところだ。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM