<< 環境生活委員会 | main | 道私鉄-定大&河川管理協議 >>

北方領土対策特別委員会&アライグマ被害現地調査

◆今日(4日)は、一斉委員会の2日目で、北方領土対策特別委員会が開催され、下記の事項について審議した。

 

◆なお、北方領土対策特別委員会での審議事項は次のとおり

1.2019北方領土返還要求北海道・東北国民大会出席及び啓発街頭行進参加報告の件

1.道内調査実施報告の件

1.北方四島訪問実施報告の件

1.共同経済活動に係る「ゴミ処理」分野のロシア専門家の視察に関する報告聴取の件

 

◆また午後からは、アライグマによる被害状況などの現地調査を、道議会の環境生活委員会と農政委員会との合同で、新十津川町を訪問して実施した。一度に4〜5頭を出産し繁殖力が強いアライグマは、ここ近年異常に生息エリアを拡大し、北海道内156市町村でその生息が確認され、各地で駆除を実施するも生息数は増えている状況だ。新十津川町では、関係者よる対策協議会を発足させ、箱わなを増強して捕獲数を増やしているが、農業被害は拡大の一途だと言われている。これからは一市町村の取り組みではなく、広域での取り組みに合わせ、捕獲頭数目標の設定や効果的な捕獲技術の確立、アライグマの生態動向の調査把握などが課題とお伺いした。アライグマ被害を受けているとの事で訪問した横井ファームでは、昨日箱わなでアライグマが捕獲され、トウモロコシを中心に被害の実態の説明をお受けしたところだ。

 

▼昨日捕獲されたアライグマ

昨日捕獲されたアライグマ


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM