<< 水産林務委員会道内調査-2日目 | main | 地鎮祭&士別森林組合&下川地区メーデー >>

水産林務委員会道内調査-3日目

◆今日(26日)は、水産林務委員会道内調査の3日目。今日は、釧路市内の株式会社昭和冷凍プラントと株式会社ニッコーを視察してきた。その後、釧路空港から丘珠空港に移動し、士別に戻り士別市文化協会(佐々木正雄会長)の定期総会に出席してきた。

 

◆株式会社昭和冷凍プラントは、酸素を含まない窒素水で氷をつくることにより、魚などの酸化を防ぎ、雑菌の増殖を抑え、鮮度を保つことに大きな効果を発揮しています。この窒素氷のプラントは、24時間全自動で稼働し、利用者は好きな時に購入することができる。ちなみに、通常の氷と同じ、1トンあたり12,000円で販売しているとのことだ。

 

◆株式会社ニッコーは、オンリーワンテクノロジーの機械製造会社として、約70種類もの産業機械を開発製造している。特に、連続式シルクアイスシステム「海氷」は、海水を冷却したマイナス温度のシャーベット状で流動性のある氷をつくり、魚介類の鮮度保持に大いに役立っている。この機械の開発に至る経過では、「鮮度に勝る付加価値なし」との漁師の思いに応えたいとのことで開発したとのことだ。この「海氷」は、漁船掲載用も製造しており、出航前に氷を積み込む作業がなくなり、労力の軽減に寄与しているとと伺った。

 

▼製造された窒素氷の前で記念撮影

製造された窒素氷の前で記念撮影

▼脱水されたシルクアイスを味見

脱水されたシルクアイスを味見


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM