<< 佐々木代議士を囲むふるさとの集い | main | 宗谷線ブロック協議会定期総会交流会 >>

平成も成人になったが・・・

◆今日(11日)は、成人の日だ。各地で成人を祝う会が催されているものと思う。士別市では、昨日成人式が行われ、私も出席してご挨拶させていただいた。

◆今年は平成21年。つまり、平成も成人になったというわけである。平成を振り返ってみると、平成になったのが、私が専従で自治労北海道旭川地区本部(現:上川地方本部)に行っているときだった。年始早々で、テレビで当時の小渕官房長官が「平成」と書かれた色紙を持って会見したのを覚えている。

◆その当時は、バブルの絶頂期。今のような景気低迷になるとは誰も予想していなかったのではないか。ただ、日本人の浮かれ具合も異常だった。そして、平成2年頃バブルが弾け、具体的対策をとらなかった事もあり「失われた10年」と言われたのだ。

◆しかも、政治も安定さを欠き、20年間の間に総理大臣が14人も誕生した。平成になった当時が、竹下登総理で、その後が宇野宗佑、海部俊樹、宮澤喜一、細川護煕、羽田孜、村山富市、橋本龍太郎、小渕恵三、森喜朗、小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎へと続く。5年半総理を務めた小泉総理を除くと、14年半で13人も替わっているのである。ほぼ1年に1人の間隔だ。

◆そう考えると、政治が安定しなければ国民の生活も安定しないことになる。やはりここは政権交代をなしとげ、私たちの声が国会に届く仕組みを作る必要がある。明日は、衆議院で、悪名高き「定額給付金」を強行採決すると言われている。そんな自民党にレッドカードを突きつけよう。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM