<< 北口ゆうこうと語る新春の集い | main | 暖冬 >>

ホワイトカラー・エグゼンプション

今日の新聞によると、政府は25日からの通常国会に提出予定だった「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関する法案の提案を断念したと報道した。
私が思うに、今の段階でこの法案を提案するにはまだ議論が少なすぎると思っていた。なぜなら、均一の労働時間を変更するために、変形労働時間制やフレックスタイムがあるにも関わらず、これら制度が浸透していない現状で、一部の人だけにこの仕組みを導入すること事態困難なのである。
また、企業は国際競争力を高めようと賃金の抑制に躍起になっているおり、その成果でいざなぎ景気を超えたと言われているが、労働者としてはその実感はなく、もう少し労働者に配分をしてほしいと思っているのが現状なのだと思う。
だから、企業は労働者をはじめとする社会に還元してこそ、これらの制度が導入できると私は思うのだが・・・。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM