夕日岳登山

◆今日(24日)は5区補選の投票日。勝利を信じつつ、札幌近郊の山である夕日岳(594m)登山を楽しんできた。

◆夕日岳は、定山渓温泉に近い山で、手ごろに登れる山として、多くの皆さんに親しまれている山だ。今日は、9時30分頃に、定山渓神社横の登山口から登り始めるも、登山道が分からず、15分ほどのロスタイム。ようやく登山道を見つけ、順調に登り始めた20分ほどで雪渓歩きを余儀なくされ、雪渓足が取られたりなど、コースタイムを超える90分で山頂に到着。山頂では、30分ほどプチ休憩し、約1時間で下ったところだ。花の山とのことであるが、まだちょっと早かったようであるが、お天気にも恵まれ、楽しい一日を過させていただきました。

▼夕日岳山頂で記念写真
夕日岳山頂で記念撮影

後志遠征-2日目

◆今日(4日)は、後志遠征の2日目。当初の計画では、五色温泉からすぐ登れるイワオヌプリ(1,116m)を予定していたが、あいにくの天気で登山は中止。温泉三昧を楽しんだ。

私たちが泊まった五色温泉は雪でした◆前日からの予報は雨。しかし、就寝前は降っておらず、かすかな期待をしながら眠りにつき、午前5時に就寝。雨の音はしないと思ったら、雪がシンシンと降っていた。あいにくの雪に一同がっかり。のんびり温泉につかり、ゆっくりとした朝食を楽しみながら、時間の経過を待った。◆しかし、雪は止みそうもないので、2日目の行動は中止し、10時のチェックアウト前に五色温泉を出発した。途中、札幌の登山専門店により、買い物をしながら、夕方士別に到着。今年の後志遠征も、あっけなく終わった。明日から、また頑張ろう。(私たちが泊まった五色温泉は雪だった)


後志遠征-1日目

◆今日(3日)から、1泊2日で後志遠征に出かけた。遠征と言っても、仲間と年に一度の山登りツアーである。今日は、小樽市の塩谷円山を登り、五色温泉に泊まってきた。

塩谷円山山頂での記念撮影◆塩谷円山は、標高629mのとても手頃な山であり、ガイドブックによると、登り1時間40分、下り1時間10分となっている。◆私たち一行は、早朝5時に士別を出発、一路小樽を目指す。GWであるが、早朝のため渋滞はない。◆7時半、JR塩谷駅近くの登山口に到着。登山準備を進め、8時に登り始める。今日のお天気は、曇りのち晴れ。登りはじめは曇りだったが、30分ほど歩き始めると小雨が降り出し、雪に変わってきた。それでも、天気を信じて頂上を目指す。頂上付近から登った道程を振り返ると、雲が晴れ、海や塩谷の街並みが見えるではないか。私たちへのご褒美と感謝し、9時50分に山頂着。軽食を取りながら、久しぶりの登山を語り合う。下山は、ガイドブックよりも早く、1時間ほどで駐車場に到着。◆下山後、昼食をとり、今日の宿泊先である五色温泉に車を走らす。五色温泉では、連休もあり、結構なにぎわいだ。お風呂に入り、疲れた身体を癒し、2日目の登山に備えて就寝した。しかし、次の日の天気が気になるところだが…。(塩谷円山山頂での記念撮影)


藻岩山

◆今日(17日)は、自治研全国集会の文化会討論の日だ。

◆私はちょっと時間が空いたので、藻岩山(531m)に登ってきた。慈啓会病院コースを1時間20分かけゆっくり登る。花はこれからだが、それでもエゾエンゴサクなどが咲きはじめている。

◆お天気にも恵まれ、山頂からは札幌市内の街並が綺麗に見える。久し振りの山行は少し辛かったが、気持ち良い汗をかいた。下りは50分で一気に下りた。

▼藻岩山山頂

春の陽気

◆今日(6日)、明日から委員会・特別委員会が開催されるため、札幌入りすると、すっかり春めいた陽気になっていた。

◆赤れん庁舎の周りの雪もすっかり解けて、そこを根城にしている鳩やカモたちも春の陽気を楽しんでいるだ。これから、花たちも一斉に顔出し、北海道で一番過ごしやすい季節になるのだろう。周りが春めいてくると、気持ちもウキウキしてくる。そんな春が私は好きだ。

▼鳩もベンチでひなたぼっこ
鳩もベンチでひなたぼっこ

春山トレッキング

春の日差しを浴びて久しぶりのトレッキング◆今日(21日)は、久しぶりに山仲間と春山トレッキングに出かけた。◆午前9時半、とある駐車場に集まったのは、懐かしい山を愛する仲間が13名。私も久しぶりに参加させてもらう。向かう先は、名もない山で、天塩川沿いの404mピーク。西士別町の東の沢から登り始めるため、車に分乗して移動。20分ほどで現地に到着。それぞれ、スノーシューを履き、準備を進める。

途中、強烈な風に見舞われる◆午後10時前、春の日差しを浴びながら、トレッキング開始(写真-上)。とても気持ちいい。日頃の疲れが吹っ飛ぶようだ。20分ほど歩くと尾根に出た。尾根からは天塩川沿いの下士別地区、多寄地区がはっきり見える。40分ほど歩くと、強烈に風が強くなり始める。風の当たらないところに移動し、しばし協議(写真-中)。隊長が撤退を決意し戻り始めたが、青空も見えているようなので、トレッキング再開し、再びピークを目指す。

目的地に到着し記念撮影◆歩き始めて1時間。ようやく、子ピークらしい場所に到着。隊長がGPSを駆使しながら山頂を確認。小高い丘のところで全員で記念撮影(写真-下)。その後、日の当たる場所に移動し、しばし休憩。私は、小腹が空いたので、リュックからパンを取り出し、口にほおばる。少しずつお腹が満たされるのがわかる。20分ほど休んで、下山開始。やはり下りは早い。30分ほどで登山口に到着。久しぶりに仲間との春山トレッキングを楽しんだ。お天気にも恵まれ、自分に最高のご褒美となった日であった。

久々の休養

◆昨日に引き続き朝方は発熱が続いたが、午後から熱も下がりだいぶん楽になった。書類を整理したり、久々の休養だ。

◆思えば、昨年の選挙中の2月17日18日にインフルエンザになってから、ゆっくり休んでなかったまもしれないな。これで体調ばっちりだ。さあ、明日からまた頑張るぞ〜〜(^.^)

発熱

◆昨日の朝起きると、鼻水が止まらない。おかしいなと思っていると、昨日の夜から発熱。38度をいったりきたり・・・。久々の発熱だ。少し休んで体力を整えよとのメッセージなのかもしれない。今日と明日は、休んで早く回復して、また頑張るぞ〜〜

体育の日

◆今日(13日)は体育の日だ。以前は、東京オリンピックの開会式が行われた、10月10日を体育の日としていたのだが、2000年からハッピーマンデー制度により、第2月曜日の今日が体育の日となったようである。

◆今日の新聞で、中学生の体力が若干向上したとのことだ。それでもまだ以前のようには体力がないらしい。確かに、外で遊ぶ子どもが少なくない。少子化の影響もあるのだろうが、子どもが外で遊ばないのは寂しい限りだ。

◆といいながらも、私も体力をつけなければと思っている。やはり、登山をしなくなってからだいぶん体力が落ちたようだ。少しずつ時間を見つけて、体力を維持するための運動を続けようと思ってている。

稲刈り−きたごりんファーム

◆今日(15日)は、私が田んぼをお借りしているきたごりんファームで稲刈りを行った。5月24日に田植えをして4ヶ月弱、立派にたわわに実った稲穂が、目にまぶし映った。

◆昔をなんとか思い出しながら、稲刈りと稲を縛る結束作業を行う。正直なもので、昔取った杵柄なのか、身体が自然と動いてスムーズに行うことが出来た。妻は稲刈りとも初体験なので、結束が苦手なようだ。妻が稲刈り、私が結束と運搬、そしてはさ掛けと分担して、2時間足らずで全ての作業が終了。とても温かいお天気だったので、汗びっしょりになったが、すがすがしい汗であった。

◆はさで自然乾燥し、今月末か来月早々に脱穀の作業が待っている。有機栽培で全て手作業。きっと美味しいお米であることを期待している。

▼たわわに実った稲穂
たわわに実った稲穂
▼稲刈り作業
稲刈り作業
▼はさ掛け作業
はさ掛け作業

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM