水泳協会としての要請

◆今日(22日)は、私が会長を務める士別水泳協会から士別市教育委員会の中峰寿彰教育長に対し、南郷プールの保温対策と少年団の練習コースの確保、さらには通年使用可能な温水プールの建設などについて要請したところだ。

 

◆中峰教育長からは、保温対策については現状も行っており、これからも協会の要請通り対応していく。さらに、少年団の練習コースの確保についても、可能な限り対応するとの約束をいただいたところだ。また、温水プールの建設については、南郷プールの今後の方針もあり、必要性は理解するが検討させてほしいとの答弁がなされたところだ。

 

▼鈴木事務局長(右)とともに中峰教育長(左)へ要請

鈴木事務局長(右)とともに中峰教育長(左)へ要請


自推協-情報交換の夕べ

◆今日(20日)は、名寄地区自衛官志願推進協議会(川原彰会長)の「防衛講話及び情報交換の夕べ」に出席してきた。

 

◆防衛講話では、自衛隊旭川地方協力本部の山崎誠一一等陸佐から「陸上自衛隊による災害派遣」についての講話を受け、自衛隊の災害派遣の状況などについてお話を伺ったところだ。

 

◆その後の情報交換の夕べでは、少子化の影響などを受け、今年度の自衛官の志願状況は定員に満たされていない状況などが報告され、それぞれの工夫と努力により、志願者の確保を確認したところだ。

 

▼情報交換の夕べで挨拶する川原会長

情報交換の夕べで挨拶する川原会長


郷土研究会&下川山岳会

◆今日(19日)は、士別市郷土研究会(朝日保会長)及び下川山岳会(加茂清会長)の定期総会に出席してきた。

 

▼士別市郷土研究会総会で挨拶する朝日会長

士別市郷土研究会総会で挨拶する朝日会長


日中議連による中国訪問-5日目

◆今日(18日)は、日中議連による中国訪問5日目で最終日だ。

 

◆今朝は、午前4時前に起床。ホテルを5時出発し、北京空港に向かう。思いのほか道路が空いており、30分ほどで北京空港に到着。北京空港では、搭乗手続きと出国準備など、早朝にもかかわらず多くの乗客であるが、セキュリティチェックは1か所で行うため、結構時間がかかる。それでも、早めに着いたことが功を奏し、搭乗ゲートに向かう。北京空港を9時に出発予定であったが、タラップで待たされたりとで、結局30分ほど遅れ、新千歳空港には13時過ぎに到着。新千歳空港では、入国手続きや関税チェックなどを受けるが、日本の対応の良さを改めて感じた。その後、札幌を経由で旭川駅までJRで移動し、旭川からは妻の自家用車で家路に急いだところだ。

 

◆今回の中国訪問では、いくつか驚いたところだあった。その一つが、在中国日本大使館でも教えていただいたのだが、自転車シェアと宅配デリバリーサービス、現金を使わない買い物システムなどである。想像以上にスマホの普及が進んでおり、様々な手続きにスマホを活用しており、便利な取り組みを進めている。一方で、これらの情報がビックデータとして活用され、データのセキュリティの不安も感じたところだ。また、2013年に黒竜江省と北京市を訪問しているのだが、中国国民のマナーの改善にも驚かされた。以前は、信号無視は当たり前であり、クラクションがひっきりなしに鳴っていたのだが、このような光景を見ることも少なくなった。大使館のお話しでは、ネットを活用した様々なサービスを受けるに際し、マナーなどもポイント化しており、その結果ポイントによってより良いサービスを受けることができるとのことだ。このことなどが、マナーの向上に寄与しているとのことであり、先進諸国の仲間入りした証拠なのかもしれない。

 


日中議連による中国訪問-4日目

◆今日(17日)は、日中議連による中国訪問の4日目で実質の最終日だ。

 

◆今日の午前は、北京市人民代表大会を表敬訪問。政治や文化、科学イノベーションなどを中心としながら交流の促進を確認したところだ。

 

◆その後は、在中国日本国大使館を訪問。昼食をとりながら、中国の現状や目標とするところなどについて意見交換を行った。

 

◆今日の最後は、北京市人民対外友好協会との夕食懇談で、中華料理と北京ダックをいただきながら、より一層の交流促進を確認したところだ。

 

▼北京市人民代表大会を表敬訪問

北京市人民代表大会を表敬訪問

▼在中国日本国大使館を訪問

在中国日本国大使館を訪問

▼北京市人民対外友好協会との夕食懇談

北京市人民対外友好協会との夕食懇談


日中議連による中国訪問-3日目

◆今日(16日)は、日中議連による中国訪問の3日目。今日は遼寧省の瀋陽市から北京市を訪問してきた。

 

◆この日は、遼寧省自由貿易区瀋陽エリアを視察。自由貿易区とは、日本でいえば特区のようなもので、規制を緩和し外国資本を導入して産業の振興を図ろうとするものである。遼寧省には、瀋陽エリアと大連エリア、栄口エリアの3つのエリアがあり、瀋陽エリアでは主に設備製造、自動車部品、航空関係設備などの製造業と金融・科学技術・物流などのサービス業の資本導入に力を入れている。

 

◆その後、瀋陽市人民代表大会を訪問。昼食をとりながら直行便の就航や外資受け入れの状況などを意見交換してきた。

 

◆午後には、瀋陽空港から北京に向かい移動し、この日は北京市に泊ったところだ。

 

▼遼寧省自由貿易区瀋陽エリアを視察

遼寧省自由貿易区瀋陽エリアを視察

▼瀋陽市人民代表大会を訪問

瀋陽市人民代表大会を訪問


日中議連による中国訪問-2日目

◆今日(15日)は、日中議連による中国訪問の2日目。

 

◆昨日は上海市に泊り、朝から中国人民政治協商会議上海市委員会を表敬訪問。この中では、日中交流の促進にむけ、産業・文化・教育などの交流の必要性を確認したところだ。

 

◆その後、日本貿易振興機構(通称:ジェトロ)の上海代表処に事務所を構える日中経済協会上海事務所を訪問。中国経済の状況や日本の果たすべき役割などを意見交換した。

 

◆その後、上海空港から遼寧省の瀋陽市に移動し、瀋陽市では遼寧省人民代表大会常務委員会主催による夕食懇談を行い、直行便の就航や産業振興・教育振興に向けた取り組みについて意見交換を行ったところだ。

 

▼中国人民政治協商会議上海市委員会を表敬訪問

中国人民政治協商会議上海市委員会を表敬訪問

▼日中経済協会上海事務所を訪問

日中経済協会上海事務所を訪問

▼遼寧省人民代表大会常務委員会と懇談

遼寧省人民代表大会常務委員会と懇談


日中議連による中国訪問-1日目

◆今日(14日)から18日までの日程で、道議会の日中議員連盟(伊藤条一会長)の中国訪問である。中国では、上海市、瀋陽市、北京市を訪問し、日中友好や直行便の就航などを要請する予定だ。

 

◆1日目の今日は、新千歳空港を13時30分に出発し、中国時間(日本との時差は1時間)の16時30分に上海空港に到着した。上海までの直行便であるだけに、約4時間のフライトは快適そのものであった。

 

◆上海空港における入国手続きなどを終え、バスで上海市内へ移動。上海市内の超高層ビル群に驚く。特に632mの上海タワービルが圧巻で、世界第2位のビルとのことだ。

 

◆その後、上海市人民対外友好協会を訪問し、夕食をとりながらの意見交換を行ったところだ。

 

▼上海市人民対外友好協会の皆さんとの記念撮影

上海市人民対外友好協会の皆さんとの記念撮影


記念植樹

◆今日(13日)は、天皇陛下御即位30年奉祝「市民記念植樹祭」に参加し、桜の苗木100本を植樹してきた。

 

◆士別神社が鎮座する九十九山は、かつて桜の山として名を轟かせたところだが、近年はその桜の木も老木となり、めっきり桜が減少しているところだ。そこで、天皇陛下即位30年を記念し、宝くじ桜の苗木配布事業に応募したところ、100本の苗木が配布が決定した。今日は、その100本の苗木を参加した市民40名ほどで植えたところだ。この苗木が成長して満開の桜を咲かせ、市民の憩いの場となってほしいと願っている。

 

▼市民記念植樹祭で桜の苗木10本を植える

市民記念植樹祭で桜の苗木10本を植える


技能士会-50周年

◆今日(5月12日)は、士別地方技能士会(菅原清隆会長)の創立50周年記念式典及び記念祝賀会に出席してきた。

 

◆士別地方技能士会は、1969年(昭和44年)3月、日下要氏を初代会長にして設立され、以来50年間、技能士の地位向上と技術の伝承、地域や会社の発展のため、ご努力いただいてきた。特に、産業フェスタでの技能奉仕や各種行事への積極的参加など、高い評価を受けている。

 

◆現在、15業種58名の会員で構成されており、地域の衣食住の安定提供のためにも、「大きい市民の期待の応えるためにも、今後とも頑張る」と、5代目会長の菅原清隆会長は力強く語っていたところだ。

 

▼士別地方技能士会の創立50周年記念祝賀会で締めの音頭を取らせていただく

士別地方技能士会の創立50周年記念祝賀会で締めの音頭を取らせていただく


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM