松浦武四郎&南方老人クラブ

◆今日(21日)は、三重県伊勢市からお越しいただいた中村進一三重県議会議員とともに、北海道に偉大な功績を残した松浦武四郎について士別市立博物館の学芸員から詳しく説明をお聞きした。

 

◆その後、南方老人クラブで平和紙芝居を披露。今日の題材は、「沢村栄治ものがたり」。当時、職業野球で巨人軍のエースだった沢村投手は、戦争に3度も召集され、最後は船とともに南シナ海に沈むという内容。大投手といえども、戦争はけっして許してくれず、悲しいお話しである。皆さん、真剣に聞いていただき、最後は全員で記念撮影。

 

#松浦武四郎、#士別市立博物館、#平和紙芝居、#沢村栄治、#職業野球、#巨人軍

 

▼士別市立博物館の学芸員から説明を受ける中村進一氏

士別市立博物館の学芸員から説明を受ける中村進一氏

▼沢村栄治ものがたりの始まり始まり!

沢村栄治ものがたりの始まり始まり!

▼最後は、全員で危険撮影

最後は、全員で危険撮影
 


戦争をさせない士別市民集会

◆今日は、「戦争をさせない2018士別市民集会」に参加してきた。

 

◆戦争をさせない集会は、仏教会や天理教、キリスト教などの宗教団体のほか、連合、農連、9条の会などを含め、今年からは遺族会も加わっての実行委員会(神田壽昭実行委員長)を組織しての開催である。

 

◆冒頭、神田実行委員長の挨拶のあと、広島を訪問した南小6年の春名くんから広島体験報告を受け、メインは長年平和紙芝居を行いながら平和を訴え続けている三重県議会議員の中村進一氏から「二度と戦争はしません!」という紙芝居を上演していただき、過去のかかわりなどについてお話をお伺いしたところだ。最後は、戦没者名簿を紹介し、戦争をさせない集会宣言を採択、全員で「戦争をさせないコール」を三唱し、終えたところだ。

 

#戦争をさせない士別市民集会
#二度と戦争はしません!
#平和紙芝居
#中村進一

 

▼平和紙芝居を上映するささきさん

平和紙芝居を上映するささきさん

▼戦争をさせない士別市民集会

戦争をさせない士別市民集会


JP労組上川北支部&桜丘自治会&羊まつり

今日(19日)は、JP労組上川北支部(溝口信之支部長)の第11回定期大会に出席し、4期目に向けた決意や来春の統一自治体選挙、そしてその後の参議選挙の重要性についてご挨拶。

 

 

 

 

 

 

 

◆その後士別に戻り、桜丘自治会の親睦交流会に参加、ジンギスカンを美味しくいただいた。桜丘自治会は、牧野市長と遠山市議が居住する自治会で、私もとてもお世話になっている。私もご案内いただいたことに感謝である。こに本文を記入してください。

 

 

 

 

 

◆そして、羊と雲の丘では、第12回羊まつりが開催された。私がお邪魔したのがちょうどお昼過ぎということもあり、多くの皆さんが来場しており、とても賑わっていた。羊の毛刈りショーでは、今年4月に生まれたサフォーク羊が、5分もたたずに丸裸に…。秋には毛が生えそろい、厳しい冬を越えることができるとか…。子どもたちが多く来場することは、とても賑やかでいいことだ。

 

 


緑と親しむ家族の集い

◆今日(18日)は、自治労士別市労連の現業公企評議会(浜上将生議長)が主催する「第30回緑と親しむ家族の集い」に参加してきた。

 

◆今年で30回目となる緑と親しむ家族の集いだが、その前身は冬を楽しもうと「雪と親しむ家族の集い」を開催していたが、その後に開催時期を5月に移行したことから、「緑と親しむ家族の集い」に変更し、現在ではこの8月に開催している。

 

◆士別市労連の現業公企評議会の主催事業ではあるが、病院労組と連携しての開催であり、子供たちのかわいい姿が見られたり、ゲームなどを楽しんだりと、親睦を深める一日であった。

 

▼参加者全員で記念撮影

参加者全員で記念撮影


地域医療&地元後援会

◆今日(17日)は、意思確保対策で道の担当部局と意見交換。そして、地域医療を支える医療体制のあり方についても議論させていただいたところだ。

 

◆夜には、私の住む創成地区のささき隆博後援会の役員会。私とほぼ同じメンバーではあるが、日ごろから大変お世話になっている皆さんだ。これからも地域の課題の代弁者として、その役割を果たしていきたい。

 

▼ささき隆博創成後援会役員会であいさつ

ささき隆博創成後援会役員会であいさつ


リフレッシュ…

◆今日(16日)は、リフレッシュを兼ね旭川へドライブ。旭川市では、スープカレー &ネパールカレー ポカラダイニングでマトンのスープカレーとガーリックナンがとても美味しかった。久々のリフレッシュに感謝…。

 

▼マトンスープカレーとガーリックナン

マトンスープカレーとガーリックナン


終戦記念日

◆今日(15日)は、73回目の終戦記念日だ。東京の日本武道館において、全国戦没者追悼式が執り行われ、退位を予定されている天皇陛下は、最後の戦没者追悼式において、「深い反省」というお言葉を添え、「戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べられた。

 

◆また、安倍総理は、「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。歴史と謙虚に向き合い、どのような世にあっても、この決然たる誓いを貫いてまいります。」と述べたものの、過去の戦争がどうだったのかといった言葉は触れられなかった。何より安倍総理は、憲法を改悪し、9条に自衛隊の存在を付け加え、できれば軍隊にもっていこうとことが見え見えであるだけに、憲法改悪は認められないのだ。

 

◆士別市では、8月10日に招魂祭を行ったが、遺族のあいさつの中で、「戦争ができない国から、戦争をできる国にしようとすることに、強い危機感を覚えます」と言った言葉が、強く心に残り、遺族の皆さんの思いを受け止め、戦争の無い社会を創っていかなければならないと考えている。

 

▼今日は、士別霊園で先祖への供養を行う

今日は、士別霊園で先祖への供養を行う


天塩川まつり-花火大会

◆今日(14日)は、第43回士別天塩川まつりの納涼花火大会で多くの市民が楽しんだところだ。

 

◆花火大会は、4部構成で行われ、

第1部「慶事・追悼供養」

第2部「ハピネス ファイヤー」

第3部「ハッピーナイト ファイヤーナイト 創造スターマイン」

第4部「ファイヤー 星の祭典」

となっている。

 

▼大空に打ち上げられたスターマイン

大空に打ち上げられたスターマイン


天塩川まつり-千人踊り

◆今日(13日)から第43回士別天塩川まつりが開幕した。今日は、あいにくの小雨模様のお天気で、ジュニア川舟みこしは中止となったものの、千人踊りと川舟みこしは予定通り行われ、豊穣の秋を願ったところだ。

 

▼牧野市長(右端)とともに踊った千人踊り

牧野市長(右端)とともに踊った千人踊り


牧野市長-多寄後援会

◆今日(12日)は、昨日の「青空の集い」の後片付け。その後、美瑛町に住む姉とともにお寺と実家にお参り。両親をはじめとする先祖にお願いをさせていただいた。夜には、牧野市長の多寄後援会の「夕べの集い」に参加してきた。

 

◆「牧野市長と語る夕べの集い」では、多寄地区の多くの皆さんが参加し、盛会に開催された。そして、参加した皆さんと、多寄地区の地域課題や農業問題、担い手対策など、多くの問題についてご意見をお伺いし、これらの課題解決に向けしっかり対応していきたい。

 

▼参加した皆さんと記念撮影


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
profile
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM